• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神仏混淆の解説 - 学研 四字辞典熟語

神道と仏教の二つの信仰を折衷し、融合・調和していること。日本の神と仏教の仏菩薩は本来同体であるとする考えに基づき、両者を同じ場所にまつり、信仰すること。神仏習合。
注記
奈良時代に始まり、中世の本地垂迹説や神宮寺の流行を経て、明治時代の神仏分離政策により禁止された。
表記
「混淆」は、「混交」とも書く。
用例
むかしは日輪寺も氷川神社も一緒でありましたが、明治の初年に神仏混淆を禁じられたので、氷川神社は服部はっとり坂の小日向神社に合祀ごうしされることになって、〈岡本綺堂・半七捕物帳 かむろ蛇〉
類語
本地垂迹ほんちすいじゃく

神仏混淆の解説 - 小学館 大辞泉

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語