• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

純一無雑の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

混じり気がないさま。また、性質などが純粋で偽りや邪心がないこと。▽「純一」「無雑」はともに混じり気のないこと。また、そのさま。
句例
純一無雑な子供
用例
社会がその社会的本能によって動く時こそ、その生活は純一無雑な境地に達するだろう。<有島武郎・惜しみなく愛は奪う>
類語
純精無雑じゅんせいむざつ
活用形
〈―ナ〉

純一無雑の解説 - 学研 四字熟語辞典

純粋で、混じり気がひとつもないこと。性質などが、飾り気も、うそ偽りもなく素直であること。ただひたすらであること。
注記
「純一」は、不純がひとつもないこと、まったくの純粋であること。「無雑」は、混じり気のないことで、「ぶざつ」とも読む。「純一じゅんいつにして雑まじること無し」と読み下す。
類語
純真無垢じゅんしんむく

純一無雑の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]まじりけがないこと。いちずでうそ偽りのないこと。また、そのさま。「純一無雑な(の)心境」
  • 「彼は雨の中に、百合の中に…―に平和な生命を見出した」〈漱石それから

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。