• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

緯武経文の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

学芸と武術の両方を重んじて、政治の土台にすること。文武の両道を兼ねた政治の理想的姿。武を横糸に文を縦糸にして、美しい布を織る意から。▽「緯」は横糸。「経」は縦糸。「武を緯にし文ぶんを経けいにす」と訓読する。「経文緯武けいぶんいぶ」ともいう。
出典
『晋書しんじょ』文六王伝ぶんろくおうでん
類語
左文右武さぶんゆうぶ 文武両道ぶんぶりょうどう

緯武経文の解説 - 学研 四字辞典熟語

武道と学芸の両者を重んじ、政治のいしずえとすること。
注記
「緯」は、横糸。「経」は、縦糸。「武」を横糸に、「文」を縦糸にして美しい布を織る意から。「経文緯武けいぶんいぶ」ともいい、また「武を緯にし文ぶんを経けいにす」と読み下す。
出典
『晋書しんじょ』文六王伝ぶんろくおうでん

[生きる指針/人生訓・指針]カテゴリの四字熟語

キーワード[政治]の四字熟語

キーワード[文武]の四字熟語