• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 地を覆う苔を衣にたとえていう語。こけごろも。

    1. 「白露の朝 (あした) 夕べにおく山の―は風もさはらず」〈新古今・雑中〉

  1. 僧・隠者などの着る粗末な衣服。こけごろも。こけのたもと。こけのきぬ。

    1. 「男に侍りし山伏の―をぬぎ」〈宇津保・国譲下〉

[補説]書名別項。→苔の衣

鎌倉時代の擬古物語。4巻。作者未詳。文永8年(1271)以前の成立。人生の無常を主題に、父子3代の恋愛と悲運を描く。