ヒユ科の一年草。高さ約1.5メートル。茎は直立し、葉は細長い披針形で、頂部のものは秋に紅・黄色などに色づく。夏から秋、葉の付け根に淡緑色の小さい花をつける。熱帯アジアの原産で、古く渡来し、観賞用。雁来紅 (がんらいこう) 。アマランス。アマランサス。 秋》「―に東京湾の曇りかな/楸邨

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語

出典:青空文庫