1. イノモトソウ科の多年生のシダ。草原など日当たりのよい所に生え、高さ約1メートル。葉は3回羽状に裂け、羽片の裏面の縁に胞子嚢 (ほうしのう) 群をつけ、冬には枯れる。春のこぶし状に丸まっている若葉は食用に、根茎は砕いてでんぷんとする。 春》「雪渓のとけてとどろく―かな/楸邨

  1. 紋所の名。1の若芽を図案化したもの。

埼玉県南東部の市。もと中山道の宿場町。綿織物の双子縞 (ふたこじま) の産地として発展した。面積は約5平方キロメートルで全国最小の市。人口7.1万(2010)。