• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 古代、古伝承を語り伝え、公式の場で奏した部。平安時代には践祚 (せんそ) 大嘗祭 (だいじょうさい) のとき、美濃丹波丹後但馬 (たじま) 因幡 (いなば) 出雲淡路の7か国から召されて古詞を奏した。かたらいべ。

  1. ある物事を後の代に語り伝える人。「戦争の―」

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉