• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雲・霧と朝日との関係で、晩夏から初秋にかけての早朝に、富士山が赤く見える現象。北斎の「富嶽三十六景」の一つとしても知られる。 夏》「―に露滂沱 (ばうだ) たる四辺かな/風生

[補説]作品名別項。→赤富士