起承転結の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

漢詩の四句からなる絶句における構成法の一つ。八句からなる律詩においても二句ずつまとめて絶句に準じる。第一句(起句)でうたい起こし、第二句(承句)でこれを受けて発展させ、第三句(転句)で場面や視点を転じ、第四句(結句)でこれらを受けつつ全体をしめくくる。また、文章や話などで全体を秩序正しくまとめる構成の意として用いられる。さらに広く物事の順序、展開のしかた、構想にも用いられる。
句例
起承転結の整った文章
用例
不図十七字を並て見たり又は起承転結の四句位組み合せないとも限らないけれども<夏目漱石・思い出す事など>
類語
起承転合きしょうてんごう

起承転結の解説 - 学研 四字熟語辞典

文章や話の構成の仕方、また物事の順序や展開の仕方のこと。
注記
もともとは、漢詩、特に絶句(四句の詩)の構成法の一つ。第一句(起句)で歌い起こし、第二句(承句)でこれを受けて、第三句(転句)で場面や視点などを転じ、第四句(結句)で全体をまとめて締めくくるという構成法。律詩(八句)でも二句ずつまとめて用いられる。

起承転結の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 漢詩、特に絶句の構成法。第1句の起句で詩意を言い起こし、第2句の承句でそれを受け、第3句の転句で素材を転じて発展させ、第4句の結句で全体を結ぶ。起承転合。

  1. 物事の順序や、組み立て。