• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鉤縄規矩の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物事や行為の標準・基準になるもののこと。物事の手本。きまり。▽「鉤」は先の曲がったかぎの意。ここでは曲線を描くための道具。半規または曲尺かねじゃくという説もあり、その形状は未詳。「縄」は直線を引くための墨縄すみなわのこと。「規」はコンパス・ぶんまわしのことで、円を描くのに用いる。「矩」は方形を描く差し金(直角に曲がった物差し)。
出典
『荘子そうじ』駢拇べんぼ
類語
規矩準縄きくじゅんじょう 規矩縄墨きくじょうぼく

鉤縄規矩の解説 - 学研 四字熟語辞典

物事などの標準や基準になるもののこと。手本。規則。
注記
「鉤」は、さしがね(L字形の定規)のこと(異説もある)。「縄」は、直線を引く墨縄すみなわのこと。「規」は、コンパスのこと。「矩」も、さしがね(L字形の定規)のこと。「鉤縄」「規矩」は、ともに物事の標準や基準の意。
出典
『荘子そうじ』駢拇べんぼ
類語
規矩準縄きくじゅんじょう