• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

風餐露宿の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

風にさらされて食事をし、露に濡れて野宿すること。転じて、旅の苦労、野宿の苦しみのたとえ。▽「餐」は飲食することで、「風餐」は風に吹きさらされて食事をすること。「露宿」は露に濡れながら寝ること。野外の仕事の苦しみのたとえとしても用いる。
出典
陸游りくゆう「壮子吟そうしぎん
用例
ところで御正客様を迎いにやると、君、驚いたよ||正に風餐露宿の程に上ろうという矢先に妻君携帯で大磯へ旅行ッてのは頗すこぶる驚いたよ。<内田魯庵・くれの廿八日>
類語
風餐雨臥ふうさんうが

風餐露宿の解説 - 学研 四字辞典熟語

野宿すること。また旅のつらさ、野外での仕事の苦労のたとえ。
注記
「餐」は、飲んだり食べたりすること。「風餐」は、風にさらされてとる飲食。「露」は、草露。「露宿」は、草露に濡れながら寝ること。
出典
陸游りくゆう「荘子吟そうしぎん

風餐露宿の解説 - 小学館 大辞泉

風にさらされ、露にぬれて寝ること。野宿すること。

[喜怒哀楽を表す/苦しむ・苦労する]カテゴリの四字熟語

キーワード[苦心・苦労]の四字熟語