ツリフネソウ科の一年草。高さ約60センチ。葉は長楕円形で互生する。夏から秋、葉のわきに花を横向きにつけ、色は赤・桃・白色や絞りなど。実は熟すと破れて種子を飛散する。インド・中国の原産で、日本には古く渡来。花びらをもみつぶして爪を染めたことから爪紅 (つまくれない・つまべに) ともよぶ。 秋》「降り足らぬ砂地の雨や―/久女

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[秋/植物]の季語

出典:青空文庫