【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

  • 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

黄塵万丈の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

強い風に吹かれて、土煙がもうもうと空高く舞い上がっているさま。戦場砂煙が舞い上がっているさまに用いられることもある。▽「黄塵」は黄色い土煙砂煙。また、世間俗事の意にも用いる。「万丈」はきわめて高いことをいう。「丈」は長さの単位
用例
此処ここの気候はたいへん不順で、黄塵万丈のものすごい風が吹いて、筑波山つくばさんは姿を消し、霞ヶ浦かすみがうらの水面も<阿川弘之・雲の墓標>

黄塵万丈の解説 - 学研 四字熟語辞典

強い風のために、土煙や砂ぼこりが空高くまで舞い上がるさま。
注記
「黄塵」は、黄色い土煙。「万」は、非常に多い・大きい。「丈」は、中国で用いられる長さの単位。「万丈」は、非常に高いこと。
用例
この山子さんざし売りはハルビン街上風景の一主要人物である。黄塵こうじん万丈の風に乗って、泣くようなその売り声が町の角々から漂ってくるとき、人は「哈爾賓ハルビンらしさ」の核心に触れる。〈谷譲次・踊る地平線〉

黄塵万丈の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[形動][文][ナリ]黄色の土ぼこりが風に乗って空高く立ち上るさま。「—にかすむ大地」
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月