• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

今東光の解説 - 小学館 大辞泉

[1898~1977]小説家・僧侶・政治家。神奈川の生まれ。日出海 (ひでみ) の兄。一時文壇から離れて天台宗の僧となるが、その後文壇に復帰。大阪の風土や人情を描いた小説で知られる。「お吟さま」で直木賞受賞。他に「春泥尼抄 (しゅんでいにしょう) 」「悪名」など。昭和43年(1968)からは参議院議員も務めた。

今東光の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家 作家・脚本・エッセイスト
出生地
神奈川県横浜市伊勢町
生年月日
1898年3月26日 おひつじ座
没年月日
1977年9月19日(享年79歳)