大隈重信の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1838〜1922]政治家。佐賀の生まれ。明治14年(1881)の政変で下野し、翌年立憲改進党組織伊藤黒田内閣の外相として条約改正にあたったが、爆弾を投げられて片脚を失う。明治31年(1898)最初の政党内閣組織大正3年(1914)再び首相となり、第一次大戦への参戦を決定。東京専門学校早稲田大学の前身)の創立者。
榛葉英治による評伝副題進取精神、学の独立」。昭和60年(1985)、上下2巻で刊行

[文学]の言葉

[戦後の作品]の言葉

[日本史]の言葉

[明治時代以降の人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。