大隈重信の解説 - 小学館 大辞泉

[1838~1922]政治家。佐賀の生まれ。明治14年(1881)の政変で下野し、翌年立憲改進党を組織。伊藤黒田内閣の外相として条約改正にあたったが、爆弾を投げられて片脚を失う。明治31年(1898)最初の政党内閣を組織。大正3年(1914)再び首相となり、第一次大戦への参戦を決定。東京専門学校早稲田大学の前身)の創立者。
榛葉英治によるの評伝。副題「進取の精神、学の独立」。昭和60年(1985)、上下2巻で刊行。

大隈重信の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
肥前国(現・佐賀県)
生年月日
1838年3月11日 うお座
没年月日
1922年1月10日(享年83歳)