• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

寺内大吉の解説 - 小学館 大辞泉

[1921~2008]小説家・僧侶・スポーツ評論家。東京の生まれ。本名、成田有恒 (ゆうこう) 。仏教への深い造詣を生かし、独特な哲学観に満ちた大衆小説を手がける。「はぐれ念仏」で直木賞受賞。他に「逢春門 (ほうしゅんもん) 」「黒い旅路」「念仏ひじり三国志」など。

寺内大吉の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京府荏原郡世田谷村(現・東京都世田谷区)
生年月日
1921年10月6日 てんびん座
没年月日
2008年9月6日(享年86歳)
別表記
成田 有恒

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉