出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(ロシア)Idiotドストエフスキーの長編小説。1868年刊。白痴とよばれるほど純真無垢な魂をもつムイシュキン公爵が、現実の社会の中でその美しい魂を破滅させていくさまを描く。
川端茅舎の句集。昭和16年(1941)刊。
坂口安吾の短編小説。昭和21年(1946)発表。映画演出家の男が、ある日突然飛び込んできて住みついてしまった隣家の女房と、空襲の中を生き延びる。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[文学/外国の作品]カテゴリの言葉