出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)の30日間、信心や祈願のために毎夜社寺に参拝すること。また、その人。裸または白衣に白鉢巻きをし、鈴を振りながら行った。裸参り。寒もうで。 冬》「野の道に電灯ついて―/亜浪

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語