馬具の付属具。鞍橋 (くらぼね) 四緒手 (しおで) に結び垂らして、馬の汗や蹴 (け) 上げる泥を防ぐ。下鞍 (したぐら) の小さい大和鞍水干鞍に用い、毛皮や皺革 (しぼかわ) で円形に作るのを例とするが、武官は方形として、「尺 (さく) の障泥 (あおり) 」と呼んで用いた。

  1. あおること。また、強い風にあおられて起こる動揺衝撃。「突風の—で塀が倒れた」

  1. ある物事に強く働く勢い。また、その及ぼす影響余勢。「ストの—で客足が伸びない」

  1. そそのかしたりおだてたりして、ある行為を起こさせること。「周りの—に乗る」

  1. カメラで、レンズの光軸とフィルム面(デジタルカメラではイメージセンサー)との角度を変えること。像の歪みの補正や遠近感の調整に用いられる。PCレンズという専用特殊レンズもある。

  1. 歌舞伎劇場などで、木戸番が扇を開いて客を呼び立て招くこと。

  1. あおり運転

  1. 雑誌などで、読者興味を引くために記事につける短い文。「漫画の扉に—を入れる」

  1. 煽り返し」の略。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。