• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

双翅 (そうし) 目アブ科の昆虫の総称。ハエより大形で、体は黄褐色、複眼は大きい。雌には人畜から吸血するものがある。ウシアブメクラアブなどがあり、また、近縁のツリアブミズアブムシヒキアブなどを含めていうこともある。 春》「―翔 (か) けて静臥の宙を切りまくる/誓子

[動バ上二]あびる」の文語形。

山口県北部、阿武郡の地名。萩市に囲まれ、日本海に面する。キウイフルーツ無角和牛を特産。