《「みおし」の音変化》

  1. 船首にある部材で、波を切る木。

  1. へさき。船首。

徳島県西端にある市。高知県から流れ込む吉野川の渓谷、大歩危 (おおぼけ) 小歩危 (こぼけ) は交通の難所として知られる。平成18年(2006)3月に三野 (みの) 町・池田町・山城町・井川町・東祖谷山 (ひがしいややま) 村・西祖谷山村が合併して成立。旧三野町部分は飛び地となっている。人口3.0万(2010)。

広島県北部、三次盆地の中心をなす市。西城 (さいじょう) 川・可愛 (えの) 川・馬洗川などが集まり、山陰山陽を結ぶ交通の要地として発達。工業・商業が盛ん。西城川で鵜飼 (うか) いが行われる。人口5.7万(2010)。

愛知県中央部にある市。名古屋市豊田市ベッドタウンとして発達するほか、自動車関連の事業所や工場などが多数立地する。平成22年(2010)に三好町が市制施行して成立。人口6.0万(2010)。

[補説]市名決定に際し、総務省は既存の市名と同名を容認したが、先に市となっていた徳島県三好市が拒否したためひらがな表記となった。また同音の三次市が広島県にある。

出典:青空文庫