日の入りから日の出までの暗い間。太陽が沈んで暗くなっている間。よ。⇔

[補説]気象庁の天気予報等では、18時頃から24時頃まで(または翌日の6時頃まで)を指す。また、18時頃から21時頃までを「夜のはじめ頃」、21時頃から24時頃までを「夜遅く」としている。→夕方
[動ラ下二]疲労する。つかれる。
  • 「―・れに―・れたる痩せ馬なれば」〈謡・鉢木
[動ラ五(四)]《「寄る」と同語源》
  1. (因る・由る)それを原因とする。起因する。「濃霧に―・る欠航」「成功は市民の協力に―・る」

  1. (依る)物事の性質や内容などに関係する。応じる。従う。「時と場合に―・る」「人に―・って感想が違う」「成功は努力いかんに―・る」

  1. (依る)動作の主体をだれと指し示す。「市民楽団に―・る演奏」

  1. (依る)それと限る。「だれに―・らず文句を言う」「何事に―・らず好き嫌いが多い」

  1. (依る)手段とする。「機械に―・る生産」「挙手に―・る採決」

  1. (依る)頼る。依存する。「信仰に―・って生きる」「年金に―・って生計を立てる」

  1. (拠る)根拠とする。「実験に―・る結論」「天気予報に―・ると大雨らしい」

  1. (拠る)よりどころとする。のっとる。「法律の定めるところに―・る」

  1. (拠る)根拠地とする。たてこもる。「城塞に―・って戦う」

[可能]よれる

[動ラ五(四)]

  1. ある人・物やある所に向かって近づく。近寄る。「彼女のそばに―・る」「たき火の近くに―・る」

  1. 1か所に集まる。一緒になる。「親類が―・って相談する」「三人―・れば文殊の知恵」

  1. ある所へ向かう途中で、他の所を訪れる。立ち寄る。「出社前に得意先に―・る」「帰りに飲みに―・る」

  1. 片方の端へ近づく。また、一方の側にかたよる。「部屋の隅に―・る」「西に少し―・った地域」

  1. (「倚る」「凭る」とも書く)もたれかかる。「縁側の柱に―・って庭を見る」

  1. 数が加わる。多くなる。重なる。「しわが―・る」「年が―・る」

  1. 考えがそこに至りつく。思い及ぶ。「思いも―・らない大事件」

  1. 相撲で、組んだ体勢で相手を押し進む。「腰を落として―・る」

  1. 相場で、立ち会いの最初の取引が成立する。「五円高で―・る」

  1. 10 気持ちが傾く。

    1. 「今更に何をか思はむうちなびき心は君に―・りにしものを」〈・五〇五〉

  1. 11 なびき従う。服する。

    1. 「人の言に―・りて、いかなる名をくたさまし」〈・夕霧〉

  1. 12 味方になる。

    1. 「あなたに―・りて、ことさらに負けさせむとしけるを」〈・一四三〉

  1. 13 寄進される。寄付される。

    1. 「かかる所に庄など―・りぬれば」〈宇治拾遺・八〉

  1. 14 神霊や物の怪などが乗り移る。

    1. 「寄り人は今ぞ―・り来る」〈謡・葵上

[可能]よれる
[動ラ四]ゆれる。ゆる。
  • 「臣 (おみ) の子の八符の柴垣下動 (とよ) み地震 (なゐ) が―・り来 (こ) ば破 (や) れむ柴垣」〈武烈紀・歌謡〉
[動ラ五(四)]《「える」の音変化》複数の中から目的や基準にあったものを取り出す。えらぶ。「気に入ったのを―・る」
[可能]よれる
[動ラ五(四)]
  1. 糸など、何本かをねじり合わせて1本にする。「縄を―・る」

  1. ねじる。ねじるように曲げる。また、ねじって螺旋 (らせん) 状にする。「こよりを―・る」「悲しみに身を―・る」

[可能]よれる
[動ラ下二]よれる」の文語形。