• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一飯之恩の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ほんのわずかの恵みのたとえ。また、わずかな恩義であってもそれを忘れてはいけないという戒めの語。一膳いちぜんの食事を恵んでもらった恩義の意から。
句例
一飯の恩を忘れない律儀な人
用例
しかも気を使って一飯の恩は酬むくいぬがちでも、睚眥がいさいの怨は必ず報ずるという蚰蜒魂げじげじたましいで<二葉亭四迷・浮雲>
類語
一宿一飯いっしゅくいっぱん 一飯千金いっぱんせんきん 一飯之報いっぱんのむくい