• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

二股膏薬の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

そのとき次第でどちらの側にも従うこと。また、その人。定見なく、あっちへついたり、こっちへついたりする節操のない人。▽「二股」は内股の意。「膏薬」は練り薬。内股に貼った薬は、歩くうちに左右の足にあちこちつくことからいう。「膏」は「ごう」とも読む。
句例
二股膏薬の人
用例
前田利家あたりから「二股膏薬」とののしられたにせよ、三十三歳でこの措置は、なかなかの敏腕といえるだろう。<杉本苑子・決断のとき>

二股膏薬の解説 - 学研 四字熟語辞典

内股に塗った練り薬が、歩いているうちに左右どちらの足にもつく意から、自分の考えがなく、そのときの都合しだいであっちについたりこっちについたりする無節操な人のこと。
注記
「二股」は、両内股のこと。「膏薬」は、練り薬。「ごうやく」とも読む。
表記
「二股」を「二又」と書きちがえない。

二股膏薬の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

内股 (うちまた) にはった膏薬のように、どちら側にもつくこと。定見節操のないこと。また、その人。内股膏薬。

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月