• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

于思睅目の解説 - 学研 四字熟語辞典

ひげが多く、目の大きなさま。
注記
「于思」は、ひげの多いさま。「睅目」は、目の大きなさま。
表記
「思」は、「腮さい」とも書く。
出典
『春秋左氏伝しゅんじゅうさしでん』宣公二年
用例
鍾馗の諢名あだなのある于思睅目うさいかんもくの温が、二人の白面郎に侮られるのを見て、〈森鷗外・魚玄機〉