ヌルデの若芽や若葉などにアブラムシが寄生してできる虫癭 (ちゅうえい) (虫こぶ)。紡錘形で、タンニンを多く含み、インク・染料の製造に用いる。昔はお歯黒に用いられた。ごばいし。 秋》「山の日は―の蓆 (むしろ) に慌し/青畝

出典:青空文庫