• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

五蘊皆空の解説 - 学研 四字熟語辞典

人間界の現象や存在はすべて実体がなく、空くうであるということ。
注記
「五蘊」は、人間の心身と環境を構成する物質的・精神的な五つの要素で、色しき(物体)・受じゅ(感覚)・想そう(表象)・行ぎょう(意志)・識しき(認識)のこと。
出典
『般若心経はんにゃしんぎょう
類語
色即是空しきそくぜくう
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。