五臓六腑の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

はらわた。内臓。からだの中すべて。また、腹の中。心の中。五つの内臓と六つのはらわたの意。▽もと漢方の語。「五臓」は心臓・肺臓・脾臓ひぞう肝臓・腎臓じんぞう。転じて、全身の意。「六腑」は大腸・小腸・胃・胆・膀胱ぼうこう三焦さんしょう。三焦は胃の上(上焦)、胃の中(中焦)、膀胱の上(下焦)で消化や排泄はいせつをつかさどる。古い典籍では「臓」は「蔵」、「腑」は「府」と書かれることもある。
出典
『漢書かんじょ』芸文志げいもんし
句例
五臓六腑にしみ渡る
用例
まちがっても四くちとまでは欲ばるな。五臓六腑がとろけてしまう。<石川淳・至福千年>

五臓六腑の解説 - 学研 四字辞典熟語

からだの中すべて。また、腹の中、心の中。
注記
「五臓」は、心臓・肺臓・脾臓ひぞう・肝臓・腎臓の五つの臓器のこと。「六腑」は、大腸・小腸・胃腸・胆囊たんのう・膀胱ぼうこう・三焦さんしょう(消化・排泄の器官)の六つの器官のこと。
出典
『漢書かんじょ』芸文志げいもんし

五臓六腑の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 五臓と六腑。五臓は心臓肝臓肺臓脾 (ひ) 臓腎 (じん) 臓。六腑は大腸小腸膀胱 (ぼうこう) 三焦

  1. 体内。腹の中。心中。「五臓六腑が煮え返る」「五臓六腑にしみわたる」

出典:青空文庫