(梵)udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》

    1. ㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。

    2. ㋑きわめてまれなことのたとえ。

  1. クサカゲロウ類が産みつけた卵。短い柄についているので、花の芯 (しん) のように見え、1㋐になぞらえていう。吉兆とも凶兆ともいわれる。 夏》「―やしづかなる世は復 (また) と来まじ/草田男

  1. クワ科の常緑高木。葉は楕円形で先がとがる。花はイチジクと同じく、壺状の花托に包まれて、外からは見えない。果実は食用。ヒマラヤ山麓・セイロン島などに産する。

  1. バショウの花のこと。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

出典:青空文庫