• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

変法自強の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

法律や制度を変えて、自国を強くする意。▽「自強」はみずからを強くする意。清朝の末期に康有為こうゆうい梁啓超りょうけいちょうらが、制度や法の根本的改革を主張して推進した政治改革運動。「強」は「彊」とも書く。
句例
変法自強策を進める
類語
戊戌政変ぼじゅつのせいへん

変法自強の解説 - 小学館 大辞泉

中国、清朝末期の政治改革運動。康有為梁啓超らが中心になり、議会政治を基礎とする立憲君主制の樹立をめざした。光緒帝の支持を受けたが、西太后ら保守派の弾圧(戊戌 (ぼじゅつ) の政変)によって失敗した。

goo辞書からアプリ誕生!文章作成×辞書検索 idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。