• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

帰馬放牛の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

戦争が終わって平和になるたとえ。また、再び戦争をしないたとえ。戦争で使った馬や牛を野に帰し放つ意から。▽「馬うまを帰かえし牛うしを放はなつ」と訓読する。
出典
『書経しょきょう』武成ぶせい
句例
帰馬放牛の願い
類語
偃武修文えんぶしゅうぶん 華山帰馬かざんきば 放馬南山ほうばなんざん
故事
中国周の武王が殷いんの紂王ちゅうおうを討ってのち、武力を用いず学問を重んじ、軍用の馬を華山(河南省)の南に帰し、牛を桃林(河南省)の野に放って再び用いないことを示した故事から。

帰馬放牛の解説 - 学研 四字熟語辞典

戦争が終わって平和が訪れることのたとえ。また、再び戦争をしないことのたとえ。
注記
軍用の馬や牛を野に帰して放つという意から。「馬うまを帰かえし牛うしを放はなつ」と読み下す。
故事
中国周しゅうの武王ぶおうは、殷いんの紂王ちゅうおうとの戦いに勝って祖国に帰ったとき、武器を伏せて倉庫におさめて学問を重んじ、軍用として使った馬を河南省にある華山の南に帰し、牛を桃林の野に放って再び用いないことを示したという。
出典
『書経しょきょう』武成ぶせい
類語
偃武修文えんぶしゅうぶん
やりがちな表現を変えたい!言い換え、類語がアプリでわかる idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。