• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

帰馬放牛の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

戦争が終わって平和になるたとえ。また、再び戦争をしないたとえ。戦争で使った馬や牛を野に帰し放つ意から。▽「馬うまを帰かえし牛うしを放はなつ」と訓読する。
出典
『書経しょきょう』武成ぶせい
句例
帰馬放牛の願い
故事
中国周の武王が殷いんの紂王ちゅうおうを討ってのち、武力を用いず学問を重んじ、軍用の馬を華山(河南省)の南に帰し、牛を桃林(河南省)の野に放って再び用いないことを示した故事から。

帰馬放牛の解説 - 学研 四字熟語辞典

戦争が終わって平和が訪れることのたとえ。また、再び戦争をしないことのたとえ。
注記
軍用の馬や牛を野に帰して放つという意から。「馬うまを帰かえし牛うしを放はなつ」と読み下す。
故事
中国周しゅうの武王ぶおうは、殷いんの紂王ちゅうおうとの戦いに勝って祖国に帰ったとき、武器を伏せて倉庫におさめて学問を重んじ、軍用として使った馬を河南省にある華山の南に帰し、牛を桃林の野に放って再び用いないことを示したという。
出典
『書経しょきょう』武成ぶせい
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月