[動タ五(四)]
  1. 物を他の物に向けて強く当てる。

    1. ㋐たたく。ぶつ。「平手で―・つ」「滝に―・たれる」

    2. ㋑勢いよくぶつける。「後頭部を強く―・つ」

    3. ㋒たたいて鳴らす。打ち合わせて、音を立てる。「柱時計が一二時を―・った」「太鼓を―・つ」

    4. ㋓たたいて移動させる。当てて飛ばす。「ホームランを―・つ」

    5. ㋔強く刺激する。「鼻を―・つ消毒薬のにおい」

    6. ㋕心に強い感動を与える。「雄渾 (ゆうこん) な筆致が読者を―・つ」

  1. 1のようにして)物事をしたり、物を作ったりする。

    1. ㋐鍬 (くわ) などで耕す。「田を―・つ」

    2. ㋑たたいて、平たくのばしたり、鍛えたりして作る。「そばを―・つ」「箔 (はく) を―・つ」「太刀を―・つ」

    3. ㋒キーをたたいて信号を送る。発信する。また、印字する。「電報を―・つ」「タイプを―・つ」「携帯でメールを―・つ」

    4. ㋓布・綿・わらなどをたたいて、つやを出したり、やわらかくしたりする。「わらを―・つ」

    1. ㋐広がるように投げる。「投網を―・つ」

    2. ㋑まいて散らす。まきかける。「庭に水を―・つ」

    3. ㋒目標めがけて投げる。「つぶてを―・つ」

  1. 1のようにして)しっかりと取り付ける。

    1. ㋐たたいて、中へ入れ込む。「くいを―・つ」「梁 (やな) を―・つ」

    2. ㋑さし入れる。突きさす。「鍼 (はり) を―・つ」「注射を―・つ」

    3. ㋒付け留めて高く掲げる。「高札を―・つ」

    4. ㋓しるしをつける。「目盛りを―・つ」「読点を―・つ」

    5. ㋔しっかりと全体に張る。「掛け軸の裏を―・つ」

    6. ㋕ひも・糸などを組み合わせて、よる。「緒を―・つ」

    7. ㋖縄で縛る。縄をかける。「縄を―・たれた罪人」

  1. ある事を行う。

    1. ㋐相撲・芝居などの興行をする。「芝居を―・つ」

    2. ㋑碁・ばくちなど、勝負事をする。「ばくちを―・つ」

    3. ㋒手段・方策を施す。「ストを―・つ」「手金を―・つ」「逃げを―・つ」

    4. ㋓そのような動作をする。「寝返りを―・つ」

    5. ㋔参拝をする。また、巡礼をする。「西国を―・つ」

  1. 動きが規則正しく繰り返される。「磯―・つ波」「脈―・つ」

  1. 火打ち石を強くぶつけて火をだす。

    1. 「をりをりに―・ちて焚 (た) く火の煙あらば心ざす香をしのべとぞ思ふ」〈貫之集

  1. 《鞭 (むち) でたたくところから》馬を走らせる。

    1. 「佐々木判官時信は一里計 (ばか) り引きさがりて、三百余騎にて―・ちけるが」〈太平記・九〉

  1. 幕などを張る。

    1. 「生田の川のつらに、女、平張 (ひらば) りを―・ちてゐにけり」〈大和・一四七〉

[可能]うてる
[動タ下二]《「打たれる」意から》
  1. 負ける。圧倒される。

    1. 「ことの葉は強 (こは) く見ゆれどすまひ草露には―・つるものにざりける」〈源順集

  1. 誓いを守らず神仏の罰を受ける。

    1. 「いかに和僧、起請 (きしゃう) には―・てたるぞ」〈平家・一二〉

  1. 承服できる。合点がいく。

    1. 「小気味の悪い女郎ぢゃと、さすがの武士も―・てぬ顔」〈浄・天の網島

[補説]江戸時代には「うてる」という下一段形も行われた。
[用法]うつ・[用法]たたく――ほぼ同様の動作を表すが、「打つ」は「合図の太鼓を打つ」「時の鐘を打つ」「釘を打つ」のように、意志的な動作に重点をおいて用いられる場合がある。◇「たたく」は動作そのものを示す。「ボールをたたく」といえば、「打つ」よりも打撃の姿、勢いなどを想起させる。また、「太鼓をたたく」「鉦 (かね) をたたいて経を読む」など、繰り返し打ち続けることをいうことが多い。◇類義語の「殴る」は怒り・興奮などの感情を込めて強く打つ場合に用いる。「ぶつ」もほぼ同じだが、「殴る」にくらべて、怒り・興奮は浅く、打つ力も弱い。「そんなにぶたないでよ」のような用法もあり、この場合「殴る」に置き換えることはできない。◇「はたく」は、平たいもので打つ感じが強く、払いのけるような動作を伴うことが多い。「ほこりをはたく」「蠅 (はえ) をはたく」などと用いる。

出典:gooニュース

出典:青空文庫