• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

普天率土の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

天の覆う限り、地の続く限りのすべての地。天下至る所。▽「普」は大の意。また、あまねくの意。「率土」は人の従い行く所。土地から土地へと続くこと。「率」は「循」の意。「普天の下もと、率土の浜ひん」の略。「率土」は「そっと」とも読む。また、「普」は「敷」「溥」とも書く。
出典
『詩経しきょう』小雅しょうが北山ほくざん
用例
士族と平民との名義上の区別は置けども、普天率土同一なる義務と同一なる権利とを享有し、<北村透谷・明治文学管見>
類語
率土之浜そつどのひん

普天率土の解説 - 学研 四字辞典熟語

天のおおう限り、地の続く限り、あまねく広がる全世界。
注記
「普天ふてんの下もと率土そつどの浜ひん」の略。「普」は、あまねく。「率」は、従う。「率土」は、「陸地の果てまですべて」の意で、「そっと」とも読む。
出典
『詩経しきょう』小雅しょうが・北山ほくざん
類語
率土之浜そつどのひん

普天率土の解説 - 小学館 大辞泉

  1. 全世界。天下。

  1. 天下を治める王。君主。

    1. 「―の勅命によれり」〈謡・小鍛冶

キーワード[全国・世界・世界中]の四字熟語