• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桟雲峡雨の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

山中のかけ橋のあたりに漂う雲と、谷あいに降る雨。▽「桟」はかけ橋。険しい場所に、丸太や藤蔓ふじづるなどで組んでかけた橋。「峡」は山と山の間の谷。

桟雲峡雨の解説 - 学研 四字辞典熟語

山間の谷にかかっている橋のあたりに漂う雲や、降り落ちる雨のようす。深山の峡谷の一風景。
注記
「桟」は、峡谷にかけられた木組みの架け橋のこと。

キーワード[景色]の四字熟語