• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

泰山北斗の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

泰山と北斗星のこと。その道で大家として仰ぎ尊ばれる人。また、学問・芸術などある分野の権威・第一人者のたとえ。略して「泰斗」という。▽「泰山」は中国山東省にある名山。「北斗」は北斗七星で、ともにだれもが仰ぎ見る存在であることから。「泰」は「太」とも書く。
出典
『新唐書しんとうじょ』韓愈伝かんゆでん
句例
斯界しかいの泰山北斗
用例
何となれば彼は俳諧者流の泰山北斗にして、その人物もまたわが歴史中に一位置を占む<山路愛山・平民的短歌の発達>
類語
天下無双てんかむそう 天下無敵てんかむてき 斗南一人となんのいちにん

泰山北斗の解説 - 学研 四字辞典熟語

学問や芸術など、その道で仰ぎ見られる第一人者のこと。
注記
「泰山」は、中国山東省にある名山。「北斗」は、北斗七星。ともに仰ぎ見られるものであることから。略して「泰斗たいと」ともいう。
表記
「泰」は、「太」とも書く。
出典
『新唐書しんとうじょ』韓愈かんゆ・賛
類語
斗南一人となんのいちにん

泰山北斗の解説 - 小学館 大辞泉

《「唐書」韓愈伝賛から》泰山北斗星。転じて、その道の大家として最も高く尊ばれる人。泰斗。

キーワード[人物]の四字熟語