• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

虎渓三笑の解説 - 学研 四字熟語辞典

ある物事に熱中するあまり、他のことをすべて忘れてしまうことのたとえ。
故事
中国東晋とうしんの時代、高僧の慧遠えおんは、廬山ろざんの東林寺とうりんじに隠棲いんせいしていたが、寺の下にある虎渓こけいと呼ばれる谷はまだ渡ったことがなかった。ある日、詩人の陶淵明とうえんめいと道士の陸修静りくしゅうせいが彼のもとを訪れ、その帰りを見送って行くとき、話に夢中になっていつの間にか虎渓を通りすぎてしまった。虎が吠える声を聞いて、初めてそのことに気づき、三人で大笑いをしたという。
出典
『廬山記ろざんき

虎渓三笑の解説 - 小学館 大辞泉

晋の慧遠 (えおん) 法師は、廬山に隠棲して二度と虎渓の石橋を越えまいと誓ったが、訪ねてきた陶淵明 (とうえんめい) ・陸修静を送って行きながら話に夢中になって不覚にも石橋を渡ってしまい、三人で大笑いして別れたという、「廬山記」の故事。東洋画の画題。三笑。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。