1. 《飛ぶ姿が陽炎 (かげろう) の立ちのぼるさまに似ているところからの名》カゲロウ目の昆虫の総称。体は繊細で、腹端に長い尾が2、3本ある。翅 (はね) は透明で、幅の広い三角形。夏、水辺の近くの空中を浮かぶようにして群れ飛ぶ。幼虫は川中の礫 (れき) 上や砂中に1~3年暮らす。成虫は寿命が数時間から数日と短いため、はかないもののたとえにされる。糸遊 (いとゆう) 。

  1. (蜻蛉)トンボの古名。 秋》

    1. 「―なんどのやうにやせおとろへたる者よろぼひ出できたり」〈平家・三〉

(蜻蛉)源氏物語第52巻の巻名。薫大将、27歳。浮舟の失踪 (しっそう) と、その後の薫を描く。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[秋/動物]の季語

出典:青空文庫