• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

身心一如の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

仏教で、肉体と精神は一体のもので、分けることができず、一つのものの両面であるということ。▽「身心」はからだと心。「心身」とも書く。「一如」は真理はただ一つである意。「一」は不二、「如」は不異の意。異ならないこと。「心」は「しん」とも読む。
句例
身心一如の境地

身心一如の解説 - 学研 四字熟語辞典

身心ともに充実していること。物事に一心に集中しているさま。また、身体と精神は一体であって、分けることはできず、一つのものの両面にすぎないという仏教の考え。
注記
「身心」は、体と心のこと。「心身(心と体)」ともいい、「しんじん」とも読む。「一如」は、ただ一つであるさま。