• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

関雎之化の解説 - 学研 四字辞典熟語

夫婦仲がよく、家庭がうまく治まることのたとえ。
注記
「関雎」は、『詩経しきょう』周南しゅうなんの詩篇の名。周の文王とその后妃こうひの夫婦和合の徳を歌ったものといわれていることから。「化」は、教化。
出典
『詩経しきょう』周南しゅうなん・兎罝としゃ・小序
類語
鴛鴦之契えんおうのちぎり 琴瑟相和きんしつそうわ 比翼連理ひよくれんり

キーワード[家族]の四字熟語