• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鴛鴦之契の解説 - 学研 四字熟語辞典

オシドリのように一生なかむつまじく連れ添うという夫婦の契り。夫婦のきずながきわめて強いことのたとえ。夫婦仲がよいことの形容。
注記
「鴛鴦」は、オシドリ。「鴛」が雄で、「鴦」が雌。オシドリ夫婦といわれ、仲むつまじい夫婦の比喩として使われるが、実際のオシドリは、毎年相手を変えるという。
故事
中国戦国時代、宋の康王こうおうの臣下であった韓憑かんぴょうが妻を王に奪われ、憤激のあまり、葬ってくれと遺書を残して自殺した。妻もまた葬ってくれと遺書を残して自殺した。王はわざと離れ離れに向かい合わせて墓を作ったところ、一晩で梓あずさの木が両方の墓から生え、十日もすると枝が連なり根がからみあい、雌雄のオシドリが棲みついて悲しい声で鳴いていたという。
出典
『捜神記そうじんき』一一
類語
関雎之化かんしょのか 琴瑟相和きんしつそうわ 比翼連理ひよくれんり 鳳凰于飛ほうおううひ

キーワード[家族]の四字熟語

難読漢字遊戯 漢検上位レベルの問題に挑戦! goo辞書

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。