• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鴻門之会の解説 - 学研 四字熟語辞典

劉邦りゅうほう(漢の高祖)と項羽こうう鴻門こうもん(今の中国の陝西省せんせいしょうにある地名)で会見をしたこと。
注記
中国の歴史上、非常に有名な事件で、その後の歴史を大きく変えたといわれる。
故事
劉邦と鴻門で会見した項羽は、剣舞の最中に劉邦を殺そうとしたが、項伯こうはくがともに舞ってこれを制し、劉邦は臣下の張良ちょうりょうの計に従って、危ういところを逃れた。好機を逃した項羽は後に劉邦に破れて自決し、漢の時代となった。
出典
『史記しき』項羽こうう
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。