• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

離群索居の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

仲間と離れて一人で孤独にいること。山里でわび住まいをすること。▽「群」は仲間、「索」は寂しい、離れる意。「索居」は寂しく一人でいること。「群」は「羣」とも書く。
出典
『礼記らいき』檀弓だんぐう
句例
離群索居の暮らし

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。