• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鳩居鵲巣の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

もとは女が嫁いで、夫の家をわが家とするたとえ。転じて、労せずして他人の成功や他人の地位を横取りするたとえ。また、人の家に仮住まいするたとえとして用いられることもある。鳩はとは巣作りが下手で、それの上手な鵲かささぎの巣に住み、卵を生む意から。▽「鵲」はかささぎのこと。「鳩はと、鵲かささぎの巣に居る」と訓読する。「鵲巣鳩居じゃくそうきゅうきょ」ともいう。
出典
『詩経しきょう』召南しょうなん鵲巣じゃくそう
類語
鵲巣鳩占じゃくそうきゅうせん

鳩居鵲巣の解説 - 学研 四字熟語辞典

女性が嫁いで、夫の家にいることのたとえ。転じて、自ら努力しないで他人の地位や権力などを横取りすることのたとえ。さらに、借家住まいのたとえとしても用いられる。
注記
「鵲」は、カササギ。ハトは巣を作るのが下手なので、自分では巣を作らず、巣作りが上手なカササギの巣に住みついて、卵を産むことから。「鳩はと、鵲かささぎの巣に居る」と読み下す。「鵲巣鳩居じゃくそうきゅうきょ」ともいう。
出典
『詩経しきょう』召南しょうなん・鵲巣じゃくそう

キーワード[建物・住居]の四字熟語

キーワード[横取り]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。