• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

堂塔伽藍の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

寺院建物総称。堂と塔と伽藍のこと。▽「伽藍」は僧侶そうりょたちが仏道修行をする場所
句例
堂塔伽藍を見て回る
用例
両陣に働きかけていたわたしの志も踏みにじられ、焼けて堂塔伽藍が灰となった。<唐木順三・応仁四話>
類語
七堂伽藍しちどうがらん

堂塔伽藍の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏教建築の総称。また、大寺院に立ち並ぶ建築群のこと。
注記
「堂」は、神仏をまつる建物。「塔」は供養くようや報恩のための高層建築。もともと仏舎利ぶっしゃり(釈迦の遺骨)をおさめるために高く築いたもの。「伽藍」は、寺院僧坊。
用例
保元平治の乱となり、両六波羅の滅亡となって、堂塔伽藍どうとうがらんも、仏像経巻も挙げて灰燼かいじんに帰するの日がなしと誰が断言する〈中里介山・大菩薩峠 山科の巻〉
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。