岡山県南西部の市。山陽道の宿場町として発展。備中縞 (びっちゅうじま) の発祥地。デニム布地など織物業が盛ん。人口4.4万(2010)。

  1. バラカラタチなど、とげのある低木総称荊棘 (けいきょく) 。

  1. 人里近くに多いバラ科バラ属の低木総称ノイバラ・ヤマイバラ・ヤブイバラなど。 花=夏 実=秋》「—さくや根岸の里の貸本屋/子規

  1. 植物のとげ。

  1. 身に受ける苦難のたとえ。「—の人生

  1. 唐破風 (からはふ) などで、下部の曲線がとげ状の突起となっている所。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年6月