平安中期、花山天皇一条天皇の時の年号。985年4月27日~987年4月5日。かんわ。

《「かりな」の音変化》「かな(仮名)」に同じ。

「真名 (まんな) のすすみたる程に、―は、しどけなき文字こそまじるめれ」〈・梅枝〉

材木の表面を削ってなめらかにする大工道具。用途により平 (ひら) 鉋丸鉋溝鉋などがある。古く用いられた、柄の先に刃を付けただけの槍 (やり) 鉋に対して、台鉋ともいう。

カンナ科の多年草。高さ1~2メートル。葉は広楕円形で、下部は鞘 (さや) になる。夏から秋にかけて紅・黄・白色などの大きい花を総状につける。中南米の原産で、ヨーロッパで改良され、日本には明治末に渡来。花カンナ。 秋》「女の唇十も集めて―の花/青邨

出典:青空文庫