[動ラ四]に(似)る」に同じ。
  • 「其の貌 (かたち) 全 (もは) ら養蚕 (かひご) に―・れり」〈岩崎本皇極紀〉

[動ラ四]

  1. 後ろに曲がる。そりかえる。

    1. 「太刀の少し―・ったるを」〈太平記・八〉

  1. からだがのけぞる。

    1. 「急所をひとつ真の当て、うんと―・るを引っかづき」〈浄・布引滝

[動ラ五(四)]

  1. 物の上にあがる。「踏み台の上に―・る」「子が父のひざに―・る」

  1. 乗り物の上、または中に身を置く。乗り物で移動する。「馬に―・る」「汽車に―・る」「船に―・る」⇔おりる

  1. 調子や動きによく合う。「リズムに―・って踊る」「マイクによく―・る声」

  1. 勢いがついて物事がぐあいよく運ぶ。勢いにまかせてすすむ。「興が―・る」「図に―・る」「ブームに―・る」「仕事が軌道に―・る」

  1. 誘いや持ち掛けに応じて仲間や相手になる。仲間として加わる。参画する。「その話に一口―・る」「相談に―・る」

  1. 相手の思惑どおりに動かされる。引っかかる。だまされる。「おだてに―・る」「口車に―・る」「その手には―・らない」

  1. うまくつく。十分につく。「おしろいが肌に―・る」「脂が―・った魚」

  1. 風や潮流などによって運ばれる。「電波に―・る」「風に―・って盆唄が聞こえてくる」

  1. (載る)書かれる。記録される。「新聞に―・る」「台帳に―・る」

  1. 10 邦楽能楽で、リズミカルに演奏する。また、テンポを速めて演奏する。符号として、片仮名で「ノル」と記す。

  1. 11 歌舞伎舞踊・能楽などで、しぐさや踊りが音楽に合う。双方のリズムがうまく調和する。「三味線に―・ったせりふ」

  1. 12 道に沿って行く。

    1. 「海原の路に―・りてや我 (あ) が恋ひをらむ大舟のゆたにあるらむ人の児故に」〈・二三六七〉

  1. 13 心にぴったりとついて離れない。心を占めてしまう。のりうつる。

    1. 「ももしきの大宮人は多かれど心に―・りて思ほゆる妹」〈・六九一〉

[可能]のれる
[動ラ四]告げ知らせる。述べる。口に出して言う。
  • 「若 (も) し海中 (わたなか) を渡る時、な惶畏 (かしこ) ませまつりそと―・りて」〈・上〉
[補説]本来は、神や天皇が重大な事実を宣言する、また、みだりに言うべきでないことを表明する意で、後世は「名のる」に残存する。
[動ラ四]悪口を言う。ののしる。
  • 「大長谷王、其の兄を―・りて言ひけらく」〈・下〉
[動ラ四]品物を賭 (か) けて勝負を競う。賭ける。
  • 「春駒の―・るをくるしと思ふにや」〈続詞花・戯咲・詞書〉