• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

反間苦肉の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

敵の間者を使って敵情を知り、敵の仲を裂く「反間の計」と、自分の身を傷つけて、相手の信頼を得て密偵行為を行う「苦肉の計」のこと。敵をあざむき仲違なかたがいさせるために、自分の身を痛めつけて見せること。また、目的達成のためのあらゆる手段のこと。苦肉之計くにくのけい反間之計はんかんのけい
出典
「反間」は『孫子そんし』用間ようかん、「苦肉」は『三国志演義さんごくしえんぎ』四六
句例
反間苦肉の策
用例
かえってさきが、ゆだんをしないと見て、生地のままの反間苦肉がみごとに当あたった。<吉川英治・神州天馬侠>

反間苦肉の解説 - 学研 四字辞典熟語

間者(スパイ)を使って敵を仲間割れさせたり、自分の身を傷つけて信用させて敵を逆に内偵すること。
注記
「間」は、間者。密偵者、スパイのこと。「反間」は、「反間の計」のこと。敵の間者を逆利用して敵情を知り、敵の規律を乱したり、内紛を起こさせたりする軍事上の計略。「苦肉」は、「苦肉の計」のこと。自分の身を傷つけ敵の信用を得、油断させておいて敵につけ入る計略。その二つの計略を複合的に用いること。
表記
「反間」を「反感」と書きちがえない。
用例
またそれを真正面から見ないで、反間苦肉として見れば、政策的に、時にとっての魂胆がわからない限りでもございませんがね……〈中里介山・大菩薩峠 農奴の巻〉

キーワード[あざむく]の四字熟語

キーワード[計略]の四字熟語