• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

母猿断腸の解説 - 学研 四字熟語辞典

はらわたがずたずたに断ち切れるほど、悲しみや苦しみ、怒りが激しいこと。
注記
「断」は、ずたずたにちぎれる。「腸」は、大腸。また、内臓のこと。「母猿ぼえんちょうを断つ」と読み下す。
故事
中国晋しんの時代、武将桓温かんおんが船で長江を航行中、一人の兵が小猿を捕らえた。それに気づいた母猿が鳴き声をあげながら岸辺づたいにいつまでも追いかけてきて、ついに追いつき、船に飛び移ってわが子を抱いたとたん、悲しみのあまりに死んでしまった。母猿の腹を裂いてみるとはらわたがずたずたにちぎれていた。桓温は怒り、その兵を解雇したという。
出典
『世説新語せせつしんご』黜免ちゅつめん
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月