• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

無間地獄の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

大悪を犯した者が、死後絶えることのない極限の苦しみを受ける地獄。仏教でいわれている八大地獄の八番目。▽仏教語。八大地獄とは、仏教で説かれているさまざまな地獄の中でも最も有名な八つの地獄のこと。等活とうかつ黒縄こくじょう衆合しゅごう叫喚きょうかん大叫喚・焦熱しょうねつ大焦熱・無間の八つをいう。「無間」は間断のないこと。「間」は「げん」とも読む。
用例
じゃによって一つは三宝の霊験を示さんため、一つはその方の魔縁に惹かれて、無間地獄に堕ちようず衆生しゅじょうを救うてとらさんため、老衲ろうのう自らその方と法験を較くらべに罷まかり出た。<芥川竜之介・邪宗門>[類義語]阿鼻地獄あびじごく無間奈落むけんならく

無間地獄の解説 - 学研 四字辞典熟語

仏教でいう八大地獄の一つで、八熱地獄の八番目、最下底の地獄。「五逆」と「謗法ほうぼう(仏法を誹謗ひぼうすること)」の大罪を犯した者が落ちて、絶え間なくきびしい責め苦を受ける所とされる。
注記
「無間」は、絶え間ないことで、「むげん」とも読む。「五逆」は、五逆罪の略で、父を殺す・母を殺す・仏弟子を殺す・仏の体から血を出す・正しい仏道修行をしている団体の秩序を乱すことの五つ。

無間地獄の解説 - 小学館 大辞泉

キーワード[苦悩]の四字熟語